30代【本業バイヤー】が【副業バイヤー】となり未来を変えるブログ

30代サラリーマン。家庭をもち、子供も生まれ、家のローンは32年。お金はないが子供を何不自由なく育ててやりたい!そんなお金のない現状を打破するため始めた【せどり】同じような境遇の方々にも現状打破してもらうべく、開始3か月で月商10万達成した方法やコツをお伝えします!

*

トイザらス ブラックフライデー 【至上最強の値下げ合戦突入か!?】

   

トイザらス ブラックフライデー 【至上最強の値下げ合戦突入か!?】

 

史上最強の値下げ合戦が起こるんじゃない!?

 

まいどです!!本業バイヤー・副業バイヤーの★マッキー★です

 

昨年も開催され好評だったSALEが今年も本日からスタートされています!

その好評だったSALEがこちら

↓      ↓      ↓

(クリックするとトイザらスのSALEサイトに移動します)

00127

 

トイザらスのSALEなんですが、昨年好評で即完売の商品が多かったみたいで、

今年は大幅にラインナップを拡大し、キャラクター玩具や自転車、 その他人気のクリスマスプレゼントに加え、

ベビーカー、抱っこ紐、 離乳食、紙おむつなどのベビー用品も豊富に取り揃え、100 種類以上 のアイテムを 40%から最大 86%割引で提供されるみたいです!!

 

そもそもブラックフライデーってなんなの?って感じじゃないですか?

私は実際そうだったしww

というわけでブラックフライデーの説明を少し書いておきます。

 

■ブラックフライデーとは■

ブラックフライデーは米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことである。正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、伝統的に一年で買い物が最も行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日である。また、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日でもある。 1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日買い物客で道路が混むのでそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるため「真っ暗な金曜日」と呼んだこがきっかけとされる。当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。後に、フィラデルフィアの新聞が、小売業者が儲かり黒字になるという解釈を発表してからは「ブラックフライデー」は良い意味で使われるようになった

 

このトイザらスのブラックフライデーSALEですが、めちゃくちゃお買い得ですよね!!

でも・・・

 

昨年この商品をSALEで買ったせどらーさん方が高確率で値下げ合戦になっているという情報を聞いてます!

そりゃーそうですよね!

これだけ大々的にSALEすれば全国各地のせどらーさん達が一斉に群がるでしょうから出品者数も圧倒的に増え・・・

 

値下げ合戦の始まりじゃーーー!戦じゃーーーーー!!

 

 

こうなるパターンでしょうねww

もちろんおいしい商品だってあるんでしょうから行く価値あるかもしれないけど、

赤字になっちゃう商品仕入れても意味ないですしね。

 

それに末商戦で売れるのはおもちゃだけじゃないですから!

おもちゃ以外で価格競争しなくて良い商品探しすのも良しですね♪

おもちゃでもトイザらス以外狙ってみるとか!

せどらーさん少なくて良いの見つかるかもですよ♪

 

という私もせどりを初めての年末商戦となりますので、どんなものかとワクワクしてます♪

ある程度仕入れもしてますがもっと加速させないといけないなと思っています。

一緒に年末商戦乗り切りましょーー!

 

 

そうそう!最近になってやっとメルマガ配信の準備ができましたー!!

なかなか取り掛かるのが遅くてブログ更新を始めてから約5ヶ月目でようやくメルマガ配信まできました。

私自身、何かを継続することが苦手なんですが、せどりに関しては約8ヶ月続いてます!!

 

これは家族の為という理由があるからでしょうね。

不自由な思いをさせたくないですし、息子にもやりたいことを我慢させるんじゃなくて、

とにかくやらせてあげられる環境でいさせてあげたいですからね!!

 

というわけでメルマガ読者さん募集しております♪

下記の記事からでも登録できますので私のメルマガ読んであげてもいいよーって方ご登録お願い致します。

↓      ↓      ↓

メルマガ始めました【★マッキー★の【Sedori Makes Revolution】】

 

ポチ応援お願いしますー!!

br_c_2299_2

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

記事を読んで何か疑問・質問・感想などあれば遠慮なく「問い合わせ」からお気軽にご連絡くださいね。

 

あなたのお力になれることは全面的に協力しますよ!!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 - お役立ち情報, せどり